カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

五島うどんの歴史と五島列島の頑固親爺のこだわり

五島手延べうどんの歴史と五島列島頑固親爺のこだわり

長崎県の五島列島で作り続けられてきた手延うどんは、
香川の讃岐うどん,秋田の稲庭うどん共に「三大うどん」といわれます。
「五島うどん」は、五島の風で自然乾燥をさせる製法をとっていたため、
昔から生産量が少なく、”幻のうどん”と云われてき ました。
なめらかな舌ざわりとコシの強さが生む独特な風味、素朴ながら洗練された味は、現在もなお、”幻のうどん”として麺通を魅了しております。
「三大うどん」は、「歴史が古い」からとか「手延べうどんのルーツ」など
が根拠とされていますが、それぞれの「うどん」に特徴があるので、結局優劣や生産量ではなく「どれが一番好きか」ということになるのかもしれません。

五島手延うどん」の歴史を紐解くと、いろいろな説があるようですが、
遣唐使の時代に、五島列島に伝わったと言われています。
五島列島は、遣唐使の寄港地で、東西文化の重要な中継点でもあり、
「元寇の役に捕虜となり、五島に住みついた中国人が教えた」、
「大陸との海上航路の拠点であった瀬戸内海の海賊たちに、
鯨獲りの技術を教え、その恩返しにうどんの秘伝を教わったと」など、
数多くの伝承が残っております。
麺文化は、大陸から伝来されたということは間違いがないようです。

五島うどんは、「岩坦索麺と五島うどんの製法が極めて酷似していること」から、
中国・浙江省永嘉県岩坦地区に伝わる索麺が五島うどんのルーツではないか?との説が有力視されております。

いづれにしても、五島列島は中国をルーツとする麺伝来の路であり、
日本の「麺ロード」の拠点、いわゆる「うどんの里」でもあったようです。

五島手延うどんの歴史と五島列島頑固親爺のこだわり

五島手延べうどんは、「食用の椿油」を塗布しながら引き伸ばすのが特徴です。
一部機械化はしたものの、棒状にした生地を2本の箸にかけ、手で引き伸ばしては束ねる作業を繰り返しながら、
紐状に細くし乾燥させ麺を形成していく手法を採用しています。
五島手延べうどんは、この「手延べ」の技の微妙な力加減で手伸ばされているので、
コシが強く、切れにくいのが特徴です。
ぷるんと滑らかな食感と、麺自体が持つ豊かな風味と「椿油」が調和して、シンプルだからこそ奥深い味わいに仕上がります。
私達 株式会社中本製麺は「伝承技法」の「手延べ」を継承してまいります。

五島列島頑固親爺のこだわり

原材料選びが“こだわり”の第一歩。
強力粉の中でもとくに引きの強い小麦粉を厳選し、
じっくりと時間をかけて捏ね上げ、生地に強く撚りをかけ、
延ばしと熟成をこまめに繰り返しながら徐々に麺を細く延ばしていきます。そして時間をかけて乾燥させます。
根気と経験のいる作業ですが、
そうする事で五島うどん独特の細麺でありながら
シコシコとした腰の強さや滑らかな食感と喉ごしが生まれます。
また、自生するやぶ椿の油、長崎県五島列島の美しい海から採れる天然塩、香ばしく上品な味わいの飛魚(あご)など、五島の自然が育んだ最高の天然素材を使用する。
このことが、五島列島頑固親爺”しげ”の“こだわり”です。

ページトップへ