カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

安心安全で、美味しさ追求|五島手延うどんの製造工程|五島うどん本舗

五島手延うどんの製造工程

五島列島 株式会社中本製麺では、
五島手延べうどんの伝統製法を継承しながら、
衛生管理や生産効率の向上のために必要な機器と最新設備を導入して製麺の各工程に細心の注意を払いながら作業いたしております。
また、原材料にもこだわり抜いた小麦粉、自然塩を使用しております。
お子様にも安心してお召し上がりいただけますよう、徹底した管理体制のもとで製造いたしております。
長崎県特産品の「安心安全な五島うどん」の味わいをご堪能ください。
ここでは、「五島手延うどんの製造工程」をご紹介いたします。

五島うどん製造工程|細め・熟成・小巻

五島うどん製造工程|掛けば(掛け巻)

五島うどん製造工程|熟成

1. 細め・熟成・小巻

2. 掛けば(掛け巻)

3. 熟成

渦巻き状になった麺帯をロール機にかけます。厚みや幅を整えながら円筒形にしていき、「椿油」を塗ります。生地に強く撚りをかけ、延ばしと熟成をこまめに繰り返しながら徐々に麺を細く延ばしていきます。
さらにじっくり熟成させます。


熟成が進み小麦粉がなじんできます。次に撚りを掛けながら、8字に棒に掛けてゆきます。

棒に掛けた状態で、ムロという木箱の中で眠らせ、更に熟成させます。

五島うどん製造工程|伸ばし・さばき

五島うどん製造工程|ハタ掛け・乾燥

4. 小引

5. 伸ばし・さばき

6. ハタ掛け・乾燥

熟成度に合わせて、
40cmから50cmnの長さに延ばしていきます。小引き、大引きは昔ながらの手作業です。

昔ながらの道具を使い、
微妙な力加減で手延ばしします。
滑らかでぷるんとした食感は、
「伸ばし」からくるものです。
延ばした麺を棒で手早く、丁寧に
さばきます。

適度に熟成された麺線を引き伸ばしながらハシで分け、密着しないようにしてハタ付けを行い、麺一本一本に愛情を込めて箸を入れます。
温度
や湿度を管理された室内で、
ゆっくりと乾燥させます。
ゆっくり乾燥させることで、きめの細かな麺肌に仕上がります。

五島手延うどん製造行程|検品

五島うどんの製造工程|最終検品

安全・安心・美味しさの追求|五島うどん本舗

7. 検品

8. 最終検品

【 五島名物地獄だき 】

二人体制にて、一つ一つ手作業で、コブヤ曲がった麺を除去。人の目による徹底した品質確認をします。

最新機器の金属探知機で
異物の混入も見逃しません。
最終検品後、出荷準備いたします。

上五島の家庭料理として古くから親しまれている「地獄だき」。
たっぷりの湯で茹で、
直接鍋からうどんをとり、
つゆにつけてお召し上がり下さい。

五島手延べうどんの製造方法は、「食用の椿油」を塗布しながら引き伸ばすのが特徴です。
一部機械化はしたものの、棒状にした生地を2本の箸にかけ、手で引き伸ばしては束ねる作業を繰り返しながら、
紐状に細くし乾燥させ麺を形成していく手法を採用しています。
延ばしと熟成をこまめに繰り返しながら徐々に麺を細く延ばしていきます。
五島手延べうどんは、この「手延べ」の技の微妙な力加減で手伸ばされているので、
コシが強く、切れにくいのが特徴です。
ぷるんと滑らかな食感と、麺自体が持つ豊かな風味と「椿油」が調和して、シンプルだからこそ奥深い味わいに仕上がります。
私達 中本製麺所や五島うどん本舗も「伝承技法」の「手延べの技」を継承してまいります。
製造は昔ながらの手作りに加え、良い麺だけを選び抜いて、均質な太さ、きめ細やかな麺の肌、
麺の縦割れなどを厳しくチェックし、最高の品質のものだけをお届けいたします。

「五島うどん」「五島手延うどん」は五島手延うどん協同組合の「地域団体商標」です。
登録第5079155号 登録5079156号

ページトップへ